外国人との交流疲れ?付き合う上でストレスを感じる場面と乗り切り方

外国人との交流は新鮮で外国人の友達や恋人がいない人はその出会いに憧れるものですが、意外と外国人の友達や恋人を持つことで精神的に疲れてしまうという人もいます。

日本人とは違うところも多いので当然と言えば当然なのですが、どんな違いからストレスを感じてしまうことが多いのでしょうか?そんな外国人疲れとも言うべき症状を見ていきましょう。

デメリットばかりを見つめるのは良くないですが、こういう違いもあるということを認識しておくとうまく付き合うことができるようになるのではないでしょうか。

文化の違い・考え方の違い

一番はやはり文化の違いです。というかこれに尽きるかもしれません。

宗教の違いもありますが、根本にある考え方が違うため、あなたの常識が相手の常識とは限りません。また、空気を読むという日本人独特の感性も外国人の方にとっては理解のできないことも多く、親切にしてやっているのに・・・とついつい考えてしまうこともあるようです。

見返りを求めているわけでなくても人はついついそう思ってしまうものです。こういった文化的な違いによる考え方の違いからすれ違いをおこし、ストレスを感じることもあります。

他にも外国人は友達や家族と過ごす時間を大切にする方も多いです。友達と遊ぶときでも友達を連れていったり、恋人と特別な日を過ごしたいと思っても家族や親せきがそこにいたり・・・ここもやはり文化の違いが大きいです。

恋人では?

例えば、レディーファースト。
日本人女性が外国人男性と付き合うときに嬉しい要素でもあるレディーファーストですが、特別扱いされるのが苦手な女性にとってはストレスの種になります。レディーファーストはある意味で親切心でもあり、断るのは失礼とも言います。そういったところに面倒くささを感じる方もいます。

うまく付き合うには?

どれも人によっては外国人と付き合うことの最大のメリットとも言えます。
しかし、逆に慣れていないからこそストレスに感じて疲れてしまうこともあります。言ってみれば外国人でなくとも人は一人一人違うものです。

そういった違いを楽しめるくらいの心の余裕を持って付き合うことが外国人との付き合いにおいて大切なことなのかもしれません。

外国人の恋人作りも始めは友達からがラク

外国人の友達が欲しいと思っている人の中にはあわよくば外国人の異性とお付き合いをしてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

実際に外国人と交友関係を持つことになり、異性であればその方のことが好きになったり、その方の母国の文化に強い興味が湧くことはよくあることです。

外国人の恋人を作ろうと考えたとき、この外国人の友達を作るというステップは遠回りなようで実は近道だったというのはよくあることです。というのもこれは外国人だけの話ではなく、日本で考えてみても同じはずです。

一目ぼれは別にしても、人は出会い、知り合い、関係を深め、男女の仲へと発展していくのが最も多い展開です。

外国人と出会い、友達として付き合う中で相手の好きな部分、嫌いな部分が見え、その中で異性として意識し始め、次のステップに進んでいくと思います。友達期間があまりに長いと次のステップである、恋人に進みにくくなるのは日本人でも外国人でも同じだとは思いますが、外国人との付き合いの中で関係を深めていけば自然とお互いが意識しあい恋人関係に発展することは当然あります。

また、外国人の友達を多く持つようになれば、友達の紹介により、新しい外国人の方との出会いの機会も増えます。友達の紹介というのは日本でもよくある出会いの方法ですし、外国人の方は友達との遊びに友達を連れてくる方も多いものです。外国人と言うとパーティー好きみたいなイメージを持つ方も多いと思いますが、全員が全員そうでなくても、騒ぐことが好きな方というのは実感値としても比較的多いと感じています。

このように外国人の友達を持つと自然と友達の友達など交友関係が広がってゆき、出会いの機会はどんどん増えていくこともあります。単純に友達が欲しいという人にとっても多くの人と出会える機会が増えるため、メリットにもなりますし、外国人の友達と付き合う中で外国人の方とお付き合いしてみたいと思うようになった人にも新しい出会いのチャンスになるはずです。

最初は少し遠回りに感じるかもしれませんが、うまく交友関係を築いていくことで友達作りも恋人作りもうまくいくことはあります。外国人の友達が欲しい方は延長線上に恋人作りも可能なので外国人異性との出会いも期待してもいいかと思います。

その点でまずは友達作りから始めてみるとあまり肩に力も入らずに気軽に出会いを楽しみやすいかと思います。