外国人との気軽な交流におすすめ!外国人観光客に人気の日本の観光スポットはココ!

外国人の方と日本で出会うことを考えたとき、さらにネットなどを使わずに出会うことを考えた場合、最も自然な出会い、偶然性の高い出会いはやはり観光地などでの出会いです。

実際に旅行中というのは気持ちが高ぶっていることが多く、ちょっとしたことで意気投合したり、ワンナイトラブに発展することも多いと言います。同じ場を共有することは同性同士であれ、異性であれ、関係をグググッと引き寄せるのに効果的です。

そんな観光スポットで外国人と出会うことを考えたときに知っておきたいのが、外国人に人気の日本の観光スポットです。

王道な場所や思わず「えっ?」となってしまう場所もあります。また、日本人も楽しめる場所が多いので、外国人との交流を期待しつつ、旅を楽しんでみるのもいいと思います。出会いは旅の醍醐味の一つですからね。

それでは、外国人観光客が選ぶ人気の日本のスポットを紹介します。

外国人観光客が選ぶ日本の訪れたい場所ランキングBEST5!

1位.伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)|京都府京都市

伏見稲荷大社
画像:伏見稲荷大社

2位.広島平和記念資料館(ひろしまへいわきねんしりょうかん)|広島県広島市

広島平和記念資料館
画像:広島平和記念資料館

3位.厳島神社(いつくしまじんじゃ)|広島県廿日市市

厳島神社
画像:厳島神社

4位.東大寺(とうだいじ)|奈良県奈良市

東大寺
画像:東大寺

5位.地獄谷野猿公苑(じごくだにやえんこうえん)|長野

地獄谷野猿公苑
画像:地獄谷野猿公苑

こういった場所を訪れ、積極的に外国人の方とコミュニケーションを取るのも楽しいものですよ。また、外国人だけでなく、日本人の方にも人気のスポットなので単純に観光として楽しむだけでもいいものです。

というか外国人に人気のスポットも日本人に人気のスポットも基本的に違いはないので、あなたの行きたい観光地には外国人がいると考えてもいいかもしれないですね。

交流のキッカケのコツを一つ紹介!

交流には最初の一声をかけることが大切ですが、一番簡単なのは「写真を撮りましょうか?」です。撮ってあげると撮り返してくれる人も多いです。

英語で言うなら「Do you want me to take a photo?」ですね。

何だったらその時に「一緒に撮りませんか?」なんて感じで一緒に撮ると話すキッカケが持てますよね。そこから、世間話でもすれば仲良くなれる可能性だってあります。

どうしても短時間的な出会いになるため、「友達」になるまでは難しいですが、交流を楽しむのにはとても向いています。

2020年東京オリンピックを国際交流・外国人との出会いのきっかけにしよう!

オリンピックのスタジアム問題に始まり、ロゴ問題、さらにはマラソンの開催地移転とずっと何かと騒がしいこと尽くめではありますが、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは東京を中心にということにはなりそうですが、世界各国から多くの外国人観光客が押し寄せることが予想されます。

一応名目上東京を起点に日本各地へみたいな構想もあるようなので開催期間中は日本各地(主に観光名所)で外国人観光客を見かけることが増えるのが予測されます。

ちなみに2020年の東京オリンピックの開催期間は2020年の7月24日~8月9日までの約2週間のようです。一時的にではありますが、盛り上がることは間違いないでしょう。

オリンピック期間中の出会い・恋愛事情と言えば、やはり「選手村での選手間での出会い」が毎度もてはやされます。毎回選手同士のちょっと下衆な性事情が噂されますよね。どこまでが本当なのかはわかりませんが……。ただ、選手村でなくとも、オリンピック期間中に外国に訪れ、そこで出会い、恋に落ちる人もやはり一定数はいるようです。いわゆるワンナイトラブで終わる関係がほとんどではありますが、ゴールインまで行く人も当然います。

やはりこういった気持ちが高ぶる場面と言うのは性に対しても奔放になりやすい一面はあるのでしょう。オリンピックとは関係ないですが、野外フェス会場なんかでも盛り上がって……なんて話は毎年ネットを賑わせていますよね。

また、スポーツと言う共通の目的のもと集まっている者同士なので試合が終われば戦友同士意気投合して盛り上がる方も多く、会場をはじめ、スポーツバーなどでもスポーツを通して交友関係を築く人も多いです。

オリンピックで試合観戦するのも楽しいですが、せっかくの地元日本での開催なので、地の利を生かして、場外戦ではないですが、交友関係を広げたり、外国人との出会いも視野に入れて楽しむのもオリンピックの楽しみ方の一つのあり方なのかもしれません。

オリンピックも一つの国際交流の形と考えれば出会いの機会とも捉えられます。

2020年開催なのでいよいよ時期が迫ってきました。今から東京オリンピックに備えて語学を勉強してみたり、東京オリンピック開催時はボランティアなどに参加し、積極的に国際交流を楽しむのも世界に交友関係を広げる良いきっかけになるかもしれません。

出会っただけでは関係を深くすることは難しいですが何事も最初は出会うことが大切です、出会った後の関係の深め方がわからない人は以下を参考にしてみて下さい。仲良くなることって結構単純なことです。
参考:外国人との交友関係の深め方!出会い、知り合い、仲良くなるには?

外国人との交流疲れ?付き合う上でストレスを感じる場面と乗り切り方

外国人との交流は新鮮で外国人の友達や恋人がいない人はその出会いに憧れるものですが、意外と外国人の友達や恋人を持つことで精神的に疲れてしまうという人もいます。

日本人とは違うところも多いので当然と言えば当然なのですが、どんな違いからストレスを感じてしまうことが多いのでしょうか?そんな「外国人疲れ」とも言うべき症状を見ていきましょう。

デメリットばかりを見つめるのは良くないですが、こういう違いもあるということを認識しておくとうまく付き合うことができるようになるのではないでしょうか。

文化の違い・考え方の違い

一番はやはり文化の違いです。というかこれに尽きるかもしれません。

宗教の違いもありますが、根本にある考え方が違うため、あなたの常識が相手の常識とは限りません。また、「空気を読む」という日本人独特の感性も外国人の方にとっては理解のできないことが多く、親切にしてやっているのに・・・とついつい考えてしまうこともあるようです。

見返りを求めているわけでなくても人はついついそう思ってしまうものです。こういった文化的な違いによる考え方の違いからすれ違いをおこし、ストレスを感じることもあります。

他にも外国人は友達や家族と過ごす時間を大切にする方も多いです。友達と遊ぶときでも友達を連れてきたり、恋人と特別な日を過ごしたいと思っても家族や親せきがそこにいたり・・・ここもやはり文化の違いが大きいです。

恋人関係での違いは?

例えば、レディーファーストです。

日本人女性が外国人男性と付き合うときに嬉しい要素でもあるレディーファーストですが、特別扱いされるのが苦手な女性にとってはストレスの種になります。レディーファーストはある意味で親切心でもあり、断るのは失礼とも言います。そういったところに面倒くささを感じる方もいます。

外国人とうまく付き合うには?

ここまで紹介してきた外国人疲れの要因は、目線を変えればどれも人によっては外国人と付き合うことの最大のメリットにもなり得るものばかりです。そのため捉え方を変えると言ってしまえばそれだけかもしれません。

しかし、慣れていないからこそストレスに感じて疲れてしまうこともあります。これは言ってみれば外国人でなくとも人は一人一人違うものだから当然です。

そのため、あまり無理をせず、細かな違いを楽しめるくらいの心の余裕を持って付き合うことが外国人との付き合いにおいて大切なことと言えます。「違いを楽しむ」この心持ちこそが外国人との付き合いを良好なものにしてくれるはずです。

外国人の恋人作りも始めは友達からがラク

外国人の友達が欲しいと思っている人の中にはあわよくば外国人の異性とお付き合いをしてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

実際に外国人と交友関係を持つことになり、異性であればその方のことが好きになったり、その方の母国の文化に強い興味が湧くことはよくあることです。

外国人の恋人を作ろうと考えたとき、この外国人の友達を作るというステップは遠回りなようで実は近道だったというのはよくあることです。というのもこれは外国人だけの話ではなく、日本人を相手に考えてみても同じはずです。

一目ぼれは別にしても、人は出会い、知り合い、関係を深め、男女の仲へと発展していくのが最も多い展開です。

外国人と出会い、友達として付き合う中で相手の好きな部分、嫌いな部分が見え、その中で異性として意識し始め、次のステップに進んでいくと思います。友達期間があまりに長いと次のステップである、恋人に進みにくくなるのは日本人でも外国人でも同じだとは思いますが、外国人との付き合いの中で関係を深めていけば自然とお互いが意識しあい恋人関係に発展することは当然あります。

また、外国人の友達を多く持つようになれば、友達の紹介により、新しい外国人の方との出会いの機会も増えます。友達の紹介というのは日本でもよくある出会いの方法ですし、外国人の方は友達との遊びに友達を連れてくる方も多いものです。外国人と言うとパーティー好きみたいなイメージを持つ方も多いと思いますが、全員が全員そうでなくても、騒ぐことが好きな方というのは実感値としても比較的多いと感じています。

このように外国人の友達を持つと自然と友達の友達など交友関係が広がってゆき、出会いの機会はどんどん増えていくこともあります。単純に友達が欲しいという人にとっても多くの人と出会える機会が増えるため、メリットにもなりますし、外国人の友達と付き合う中で外国人の方とお付き合いしてみたいと思うようになった人にも新しい出会いのチャンスになるはずです。

最初は少し遠回りに感じるかもしれませんが、うまく交友関係を築いていくことで友達作りも恋人作りもうまくいくことはあります。外国人の友達が欲しい方は延長線上に恋人作りも可能なので外国人異性との出会いを期待してもいいかと思います。

その点でまずは友達作りから始めてみるとあまり肩に力も入らずに気軽に出会いを楽しみやすいかと思います。ぜひ参考にしてください。

イベント・セミナー・懇親会は距離を一気に縮めるチャンス!友達・仲間作りに最適

外国人との出会いの方法としてmatch.comやFacebook系のアプリがおすすめということをお伝えしましたが、もう一つとてもおすすめなのがここで紹介する、自分の興味のあるジャンル、仕事のイベントに参加することです。

特にイベント・セミナー後の懇親会は出会いの宝庫

イベントというか、セミナーの方が手っ取り早いかもしれません。要は人数制限ありのお金を払って参加するようなイベントに参加するということです。特にイベント後に懇親会なんてあったら最高です。

これは考えてみれば至極当然のことなんですが、同じ趣味や仕事をしている者同士であれば、当然話が合います(合いやすいです)。話のネタにも困りませんし、情報共有という意味でも話は弾みますよね。話が弾めば当然仲も深まります。

最初はどうしても友達というより、仲間的なニュアンスが強いですが、何度も会ったり、交流を重ねていくととても深い絆が作りやすい方法です。友達も作れて、尚且つ刺激ももらえる関係が作りやすいので結構おすすめの出会い方の一つです。

ライバル兼友達というのは結構刺激的な関係で良いものだと思います。私自分がデザインの仕事をしているということもありますが。

ただ、単純に友達を作るという意味では少し遠回りですし、人によっては同業者は嫌という人もいると思うのでその辺は個々人で判断するといいのではないかと思います。

また、単純に情報収集や勉強のために来ている人も当然いるので難しい場面はありますが、懇親会などで仲を深めることができれば比較的関係は作りやすいと思います。

ギブの精神を持つとテイクが得られる、これは友達作りも一緒

あと、ついでにコツを紹介しておくとあまり(情報)クレクレ君にならないことも大切です。自分は何も渡すものがないのに、相手におねだりばかりしている人は日本人、外国人関係なく嫌われます。というか、こういう場で出会った後に友達になれれば、普通にもらえる以上においしい情報をもらえることもあるので、情報収集というより、友達になるのがある意味で一番情報を引き出すコツだとも思います。

こうやって書くと腹黒く見えますが、これ本当に有効です。友達もできるし、同じ仕事や趣味を頑張る仲間にもなり、人生は華やぐのではないでしょうか。

最後は外国人の友達というよりは友達作り、仲間作りのコツのような話になってしまいましたが、これを外国人の集まりやすいセミナーやイベントなんかで応用すると結構関係は作りやすいと思います。