外国人との交流疲れ?付き合う上でストレスを感じる場面と乗り越え方

外国人との交流は新鮮で外国人の友達や恋人がいない人はその出会いに憧れるものですが、意外と外国人の友達や恋人を持つことで精神的に疲れてしまうという人もいます。

日本人とは違うところも多いので当然と言えば当然なのですが、どんな違いからストレスを感じてしまうことが多いのでしょうか?そんな「外国人疲れ」とも言うべき症状を見ていきましょう。

デメリットばかりを見つめるのは良くないですが、こういう違いもあるということを認識しておくとうまく付き合うことができるようになるのではないでしょうか。

文化の違い・考え方の違い

一番はやはり文化の違いです。というかこれに尽きるかもしれません。

宗教の違いもありますが、根本にある考え方が違うため、あなたの常識が相手の常識とは限りません。また、「空気を読む」という日本人独特の感性も外国人の方にとっては理解のできないことが多く、親切にしてやっているのに・・・とついつい考えてしまうこともあるようです。

見返りを求めているわけでなくても人はついついそう思ってしまうものです。こういった文化的な違いによる考え方の違いからすれ違いをおこし、ストレスを感じることもあります。

他にも外国人は友達や家族と過ごす時間を大切にする方も多いです。友達と遊ぶときでも友達を連れてきたり、恋人と特別な日を過ごしたいと思っても家族や親せきがそこにいたり・・・ここもやはり文化の違いが大きいです。

恋人関係での違いは?

例えば、レディーファーストです。

日本人女性が外国人男性と付き合うときに嬉しい要素でもあるレディーファーストですが、特別扱いされるのが苦手な女性にとってはストレスの種になります。レディーファーストはある意味で親切心でもあり、断るのは失礼とも言います。そういったところに面倒くささを感じる方もいます。

外国人とうまく付き合うには?

ここまで紹介してきた外国人疲れの要因は、目線を変えればどれも人によっては外国人と付き合うことの最大のメリットにもなり得るものばかりです。そのため捉え方を変えると言ってしまえばそれだけかもしれません。

しかし、慣れていないからこそストレスに感じて疲れてしまうこともあります。これは言ってみれば外国人でなくとも人は一人一人違うものだから当然です。

そのため、あまり無理をせず、細かな違いを楽しめるくらいの心の余裕を持って付き合うことが外国人との付き合いにおいて大切なことと言えます。

「違いを楽しむ」この心持ちこそが外国人との付き合いを良好なものにしてくれるはずです。